WORKING働きやすさと働きがいの実現

WHY
なぜ取り組むのか

私たちは、働く人を尊重した事業活動が企業の発展・存続に不可欠であると考え、誰もが働きやすく、働きがいのある環境づくりの実現に向けた取り組みを進めています。

INSTANCE
事例

働きやすい環境づくり

・業務の効率化により残業時間の削減に取り組んでいます。全社員平均の残業時間は、2019年3月期の月2.8時間から、2021年3月期には月2.6時間に削減しています。
・育休をとりやすい、そして復帰しやすい環境づくりに取り組んでいます。育休取得率は、2019年3月期の95.2%から、2021年3月期には100%に増加しています。
・仕事・子育て両立支援として、時短勤務取得制度を小学3年生の学期末まで取得可能にしています。
・新型コロナウイルス感染拡大以前より、働き方改革としてテレワークの導入を行なっています。現在は、本社勤務者の88%がテレワークを導入しています。

多様性

・人材の登用については、国籍、性別を問わず、中途採用等幅広く行っていくことを基本方針としています。
・国内における管理職に占める中途採用者の比率は60%を超えています。
・国内における管理職に占める女性の比率は67%を超えています。
・テレワークを利用することで、障害者の活躍の幅を広げる試みを行っています。

ベトナムの雇用創出

・国籍を問わない採用活動を行なっています。
・ベトナムに自社工場や真珠養殖場、店舗などを設立し、現地で採用活動を行うことで地域の雇用創出を行なっています。
・日本クオリティの働きやすい環境づくりをしています。
・従業員の91.8%が女性で、女性の役職率は79.1%にのぼり、工場も店舗も女性が中心となって活躍する場になっています。

SDGs
貢献するSDGs

  • ESTELLE
  • ESTELLE
  • ESTELLE

ページトップへ戻る